台南市で最も代表的な農産物はマンゴーで、台湾では20種類以上のマンゴー、特に国内外の消費者に好まれている甘くてジューシーな味わいがあり、毎年夏になると、台南のマンゴーは繁殖期を迎えます。 アイウェンマンゴーの日韓両国への検疫もピークシーズンに入り、近年の輸出額は増加しており、2012年の輸出総額は6,266メートルトン、生産額は15,320千米ドル、103年の輸出総量は6,438メートルトンに達した。 ドル

2019年台湾マンゴーシーズン – 台南国際マンゴーフェスティバル「サマールビー – おいしい」をテーマに、マンゴーのテーマパビリオン、セレブリティマンゴーの庭、マンゴーのバラエティーディスプレイ、マンゴーの試飲、マンゴーのアイスを世界に売り続けるために 店…そして他の多くの活動はイベントに参加するためにメディア、産業、観光客、貿易業者と日本、韓国、シンガポール、マカオ、中国、香港とマレーシアからの貿易業者への招待を拡大するでしょう。 産業、文化、観光のための資源の統合を通して、それは地方と都市の観光文化の発展と国際交流を促進するでしょう。