南化區農會 住所:臺南市南化區南化里128號
電話:06-5771516-8
南華地域の果物の大部分は地質石灰岩の丘の中腹に植えられており、主な作物はマンゴーで、栽培面積は1,200ヘクタール、収穫量は約8,000トンです。 南華Aiwen Mangoの特徴:フルーティーな果実味、高い甘さ、そしておいしさ。 マンゴー生産期間:6月から8月。 南華地区農民協会は、1987年にアイウェン品種のためにデザインされた「南子源」ブランドをデザインしました。農業生産と販売クラスの健全な組織を通して、ブランド管理と運営基準は確かに実行されます。 「Nantiao Garden」ブランドのフルーツ規格の認定率を向上させ、他のグレードのフルーツの価格を引き上げ、ブランド商品の運用上の利点を最大限に発揮し、国内市場で高い評価を得ている 遠くて有名です。
楠西區農會 住所:臺南市楠西區中正路88號
電話:(06)5751612
南西区は台南市の北東端に位置し、北は東山区、嘉義県は大浦郷、東は南華区、西は柳家区と大中区、南は余山区の端に位置しています。 山の周りでは、産業は主に観光と農業生産に従事しており、総面積は約109.76平方キロメートルです。 果物は南西区の主な農産物であり、主な収入源の一つです。 主な農産物は次のとおりです。カランボラ、プラム、ナツメヤシ、マンゴー、リュウガン、さまざまな高収量および高品質、「果実の面積」。 南西マンゴーの主な栽培品種は、Aiwen、Jinhuang、Kate、Yuwenです。 「南西区農民組合ハニーガーデンアイウェンマンゴー」は、新鮮なアイウェンマンゴーの肉から作られていて、美味しくて爽やかで、添加物は含まれていません。独自のマンゴーの風味を完全に保持し、最高のレジャーと健康です。 食べ物
玉井區農會 住所:臺南市玉井區中正路139號
電話:06-5742216
1964年にYujing地区でAiwen Mangoの栽培に成功した後、彼は「マンゴーの故郷」の評判を確立し、農村経済全体を書き直し、花、パイナップル、砂糖漬けの日など、作物も多様化し、洗練されました。 作物 Yujingマンゴー栽培は主に生産の45%を占めるAiwen品種に基づいています;第二に、Jinhuangは36%を占め、10.8%と3%を占め、Sacred Heartは2%を、そしてHaydnは1.5%を、そしてその他の品種は少数を占めます。 。 Yujing 区農民組合の開発の下、マンゴー果実は、マンゴー加工製品、マンゴーアイス製品、マンゴーケーキ、マンゴービール、マンゴーゼリー、マンゴーダフ、マンゴークリエイティブディッシュなどに由来するので、マンゴーはもはや単なる生鮮食品ではありません。 一連の産業的バリューチェーンに活性化された果実は、国内の農産物の経済的利益を大いに改善しました。
左鎮區農會 住所:臺南市左鎮區中正里98之1號
電話:06-5731046
Zoozhen 区農民組合は、中華人民共和国の16周年に設立され、100年4月27日に、郡と市の合併により、「Taiwan City Zuozhen District農民協会」と改称されました。 78年でラグシリーズ製品の発売に成功し、1987年にヤムシリーズ製品のプロモーションを行い、過去88年間で「ホワイトデー」産業活動のマーケティング戦略でZuozhenのビジネスチャンスを開拓し、1994年にマンゴシリーズ製品の開発に成功しました。 [アドバンストマンゴードライ]台湾マンゴーインダストリーアライアンスが指導するアイウェンマンゴーを6枚ずつ選び、新鮮なマンゴーの肉を細切りにし、砂糖で乾燥させてから乾燥させます。 [台湾マンゴープリン]は、新鮮なアイウェンマンゴーから作られています。 Zuozhen Mangoは砂糖、タンパク質、粗繊維、ビタミンA、B1、B2、C、ミネラルカルシウム、リン、鉄、ナトリウム、その他の栄養素が豊富な白い粘土で育ちます。 さらに、マンゴーはカロチン、葉酸、マンゴーケト酸などの人体にも有益であり、非常に美味しく栄養価の高い果物です。
大內區農會 住所:臺南市大內區大內里9號
電話:06-5761315
Zuozhen District Farmers ‘Associationは、中華民国の12周年に設立され、100年4月27日に、郡と市の合併に伴い「Tainan Daini District Farmers Association」と改名されました。 大江区は台南市の東、豫園の西、善化、北の劉家と観音、南は善文川と上山郷に隣接しています。 Greater Inner Districtの主な作物:パパイヤ、アボカド、マンゴー、オレンジ、ウェンダン、パイナップル、亜麻、リュウガン。
官田區農會 住所:臺南市官田區文化街25號
電話:06-5791221
1973年に政府が中華民国で田んぼ移転政策を実施して以来、政府は水クリを植えるための米の第2段階の利用と地元の特産品の開発を積極的に推進してきた。 現在、町の養殖栗の面積は約400ヘクタールで、総生産量は約5,000メートルトンです。